学生が実際に企業に足を運び、職業体験などを行えるのがインターンシップです。

夏休みを利用して長めに通うことができる場合には、実際に業務に携わることができるものとなります。
就職活動を行う前にビジネスマナーなどを学ぶことができるために、社会人となってからは早いスタートを切ることができるメリットも生じることになります。また、内定を獲得するための自己アピールを行える場ともなります。また、日本におけるインターンシップの特徴としては、秋から冬にかけての比較的短い期間でも行われることが多い点が挙げられます。

そのような場合には、セミナーを開催したり、あるいはゲームを開催することで社会人としてのマナーやビジネススキルなどを学ぶことができるようになっています。

目的は学生が社会人経験をすることによって、これから必要とされるスキルを学ぶきっかけとすることなどがあります。

そして就職活動を行う前の学生と接することによって、優秀な人材に目星をつける狙いもあります。

学生は自分のアピールの場を得ることにもなりますし、また短期のインターンシップに数多く参加することによって様々な企業の雰囲気を知る機会を得ることにもなります。

こだわりの高いAll Aboutのことなら、こちらをご参考にしてください。

実際に業務に携わることができれば、自分が希望する仕事に対しての自分自身の適性といったものを知ることもできるわけです。



このように多くの特徴とメリットを持つものとなります。


さらに就職前にある程度のビジネスマナーを得ることもできます。

大学生の留学が有名になってきました。